Mountain Lionでサーバ環境構築 apache – PHP – MySQL – phpMyAdmin

Mountain Lionでサーバ環境構築 apache – PHP – MySQL – phpMyAdmin

localhostである程度の開発環境を整えたいと思い、

・apache

・PHP

・MySQL

・phpMyAdmin

あたりの設定を行ったので、記録しておきます。

MySQL等のインストールはHomebrewで行なっています。

中盤ごちゃごちゃしてしまって、正直あまり内容に自信が無かったりするので、部分部分で参考にしてもらえればと思います。

参考にしたサイト

これらのサイトを参考に進めました。

① apacheの設定

PHPを有効化し、バーチャルホストの設定等を行います。

1.1 PHP有効化

httpd.confを編集します。

sudo vi /etc/apache2/httpd.conf

/etc/apache2/httpd.conf を一行変更するだけです。

117行目辺りのコメントアウトを外します。

LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so 

1.2 DocumentRootの変更

これは必要に応じてですね。

必要であれば前回のエントリーを参考にして頂ければと思います。

MacのWeb共有のDocumentRootを変更する手順(MountainLion編)

1.3 バーチャルホストの設定

HAPPY*TRAPさんのエントリーが非常に参考になります。

ちなみに、http://localhost につないで ”403 Forbidden Forbidden You don’t have permission to access / on this server.” が出た場合、ここの設定を間違っている可能性が高いです。

(自分は ServerName localhost の設定をしていなくてlocalhostに繋がらなくなりました。。。)

1.4 確認

まずapacheをリスタートしましょう。

$ sudo apachectl restart

DocumentRootに設定したディレクトリに、hello.phpという名前で以下の内容を保存しましょう。

<?php echo "Helo. This is Hello.php"; ?>

http://localhost/hello.php につないで、”Helo. This is Hello.php”と表示されればここまではOKです。

② MySQLのインストール

丸投げになりますが、基本的にはMacとかの雑記帳さんの書いていらっしゃる通りでOKだと思います。

mysql.server startの段階で

.. ERROR! The server quit without updating PID file (/usr/local/var/mysql/XXXXXXX.pid).

というエラーが出たので、sudoで実行したり以下のコマンドをうったりしたらいけました。


sudo chown -R _mysql:_mysql /usr/local/var/mysql


また、途中でphp.iniの設定があるのですが、これを忘れるとphpMyAdminに繋がらなかったりするので注意です。

まずmysqlに接続し、statusコマンドを打って、 “UNIX socket:” を調べてください。


$ mysql -u root -p

mysql > status;


****/mysql.sockとなっていると思います。

自分は /tmp/mysql.sock でした。

次に


$ sudo cp /private/etc/php.ini.default /private/etc/php.ini
$ sudo chmod u+w /private/etc/php.ini
$sudo vi /private/etc/php.ini


として、3行に変更を加えます。 /tmp/mysql.sock の部分はさきほど調べたものに変更してください。


mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock   // 1077行目辺り

mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock   // 1231行目辺り

mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock  // 1290行目辺り

③ phpMyAdminの設定

また丸投げですがこちらが参考になります。

OS X 10.8 Mountain LionにLAMP環境とWordpressを構築したときのメモ | Macとかの雑記帳

ちょっと違った部分だけ書いておきます。

3.1 phpMyAdminのインストール

次の手順でコマンドをうてばたぶん入ります。1行目を実行したら homebrew/dupes がどうと言われたので入れました。


$ brew tap josegonzalez/homebrew-php

$ brew tap homebrew/dupes

$ brew install phpmyadmin

3.2 バーチャルホストの設定

上のエントリーの通りでOKです。

3.3 config.inc.php作成

これも上のエントリー通りでOKです。

ここまできてhttp://localhost/phpmyadminにアクセスできなかったらsockの設定やmy.cnfの設定を見なおしてみましょう。

3.4 phpMyAdminに出てるエラーの消去

これが結構難しかった気がします。

3.4.1 create_tables.sql

まず 「phpMyAdminの設定保存場所が完全に設定されていないため〜」 というエラーですが、create_tables.sql というのをインポートしてテーブルを作ってあげると消えます。

しかしcreate_tables.sqlの場所が分かりづらいんです。

自分の場合は /usr/local/Cellar/phpmyadmin/3.5.7/share/phpmyadmin/examples 以下にありました。

これをphpMyAdminの画面上の「インポート」タブから読み込ませてあげればOKです。

これでほとんどのエラーが消えます。

3.4.2 mcrypt

「mcrypt拡張がありません。PHPの設定をチェックしてください。」のエラーを消します。

こちらが参考になりました。

Lion で PHP 周りをゴニョゴニョしたのでメモ | 雑記;

まずmcryptをとってきます。

$ brew install mcrypt

まだエラーは消えないはずです。

PHP extensionを作るためにPHPのソースが必要らしいです。

$ php -v でバージョンを調べて、ソースをとってきましょう。

自分は 5.3.15だったのでここです。

そしてmakeしてinstallします。

以下の様な手順でコマンドをうちます。(正直よく意味わかってないです…すみません)


$ cd ~/Desktop/php-5.3.15/ext/mcrypt

$ phpize

$ MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.8 CFLAGS='-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64' LDFLAGS='-O3 -arch i386-arch x86_64' CXXFLAGS='-O3 -fno-common -arch i386 -arch x86_64' ./configure --with-php-config=/Developer/SDKs/MacOSX10.8.sdk/usr/bin/php-config

$ phpize

$ ./configure

$ make -j6

$ sudo make install


これで /usr/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/mcrypt.so というファイルが生成されたかと思います。

(環境によってファイルパスが変わるかもしれません。)

最後に /private/etc/php.iniを編集します。

最後の行に以下の2行を追加してください。


extension_dir = "/usr/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/"

extension = mcrypt.so


一度phpMyAdminからログアウトし、再度ログインしてください。

うまく行っていればエラーが消えているはずです。

これでphpMyAdminが使えます。